基本書体|格安でオリジナル風呂敷を作製する一生懸命なプリント専門工場です。

記念品・贈答品に、風呂敷を作成いたします。
トップ > 書体見本 > 基本書体

基本書体

角ゴシック体

風呂敷のみに限らず最も使用されている、オーソドックスな書体で、線の巾が均一で角が角ばっている書式が角ゴシックです。

シンプルなデザインなので、遠くから見えやすくなっております。

名前の由来は米国での印刷業界が発祥で、明朝などのように飾りの線に強弱がなく、均一な文字を通称でゴッシクと呼称していたことが始まりのようです。

ほとんどのパソコンOSに明朝体とゴッシク体が搭載されております。

基本フォントサンプル1 基本フォントサンプル2 基本フォントサンプル3 基本フォントサンプル4

丸ゴシック体

角ゴッシク体の角を丸くさせた、柔らかい印象の書体です。

ゴッシク体の中で線の先が角張っているものを角ゴッシク。逆に線の先が丸いものを丸ゴッシクといいます。線幅や字形によって、新細丸ゴッシク体や平成丸ゴッシク体、DF丸ゴシック体などの分類がなされております。

角ゴシック体や明朝体よりも、柔らかい印象にしたいが、POP書体ほど柔らかなイメージにしたくないという風呂敷のデザインに使われる書体です。

基本フォントサンプル5 基本フォントサンプル6 基本フォントサンプル7 基本フォントサンプル8

明朝体

ゴッシク体と共に基本のフォントの一つであり、どのOSにも搭載されている有名な書体です。

中国の明の時代から清の時代に渡り木版画印刷における印刷用書体として成立していったのが発端の書体でして綺麗な印象や、固い印象のあるフォントです。

縦の線と横の線はそれぞれ垂直・平行で、ほとんどの明朝体は縦線は太く、横線は細い形式をとっております。

基本フォントサンプル9 基本フォントサンプル10 基本フォントサンプル11 基本フォントサンプル12
無料お見積りはこちら メールでのお問い合わせはこちら